携帯販売員・ラウンダーなどのバイト・派遣・正社員募集

スタッフ登録会に応募

アパレルショップの販売員求人特集

エリアから探す

エリアから探す

アパレルショップの仕事内容

アパレルショップの仕事で普段、私たちが目にするのは、店頭で服のアドバイスをしたり、販売をしたりする姿です。しかし、接客以外にも、仕事の内容は多岐にわたります。
仕事の目的は、服を販売することですが、そのための準備として、快適に買い物をしてもらうために店の掃除をします。商品を置いている棚や照明にホコリがたまっていたら、商品の価値も下げてしまいます。また、商品をどのようにレイアウトするのかを考え、ディスプレイします。ディスプレイのし方によって売り上げが変わりますので、重要な仕事です。
売り上げ目標を認識し、商品の仕入れや、仕入れた商品のタグ付け、在庫管理なども行います。明るく元気な接客の裏には、こうした準備があるのです。商品を並べて、次は接客です。接客スキルは後ほど記しますが、表情や声のトーンなど、お客様を不快にしないのはもちろん、購買意欲を駆り立てるような心がけが必要です。手に取られて乱れた商品はさりげなく元の状態に直します。
商品の購入が決められたら、レジ業務です。お金のやり取りなので、慎重さと丁寧さが必要です。また、カードの取り扱い方も知っておかなくてはなりません。商品の渡し方や、礼の言い方、お辞儀の仕方など、また来たくなるような接客を心がけます。

アパレルショップに求められるスキルについて

アパレルショップにとって、必要な知識や意識はたくさんあります。まず大切なのは接客スキルです。
いくら素敵な店でも、スタッフの感じが悪い場所には近寄りたくありません。お客様が気持ちよく買物するためにどうするかを知っている必要があります。服はその店のを着用しますが、組み合わせで真似したくなるようなセンスが必要です。
また、それにあわせたメイクや髪形など、全身をコーディネートします。見た目だけではなく、声のトーンや表情にも明るさが求められます。話しかけるタイミングや敬語の使い方も、ひとつ間違えればお客様を遠ざける原因になりかねません。友達ではなく、商品を買い求めに来られたお客様という意識が大切です。
また、流行に敏感であることも必要な要素です。次に、商品管理のスキルです。在庫の認識や受発注のタイミングなど、商品不足や在庫過多を防ぐことが必要ですので、商品の動きに敏感なことが大切です。
また、お金のやり取りも行いますので、レジ任せではありますが、計算力も必要です。割引商品がいくらになるのか、合計でいくらになるのか、計算前に確認されることもあります。きっちり一円単位まででなくても、これくらいになりますという答えがすぐ出来る計算力は必要です。

アパレルショップに向いている人

接客が基本のアパレルショップですので、人に接するのが好きな人が向いています。
ただし、接客というものは、自分の事ではなくお客様の事を考えるのが第一ですので、ただ単におしゃべり好きなひとや、大勢でワイワイするのが好きだから向いてるというものでもありません。接客についての知識やマナーをきちんと学び、ふさわしい言葉遣いで不快感を与えず、気分よく買い物をしてもらってこそできる仕事です。クレーム処理などもこなす必要がありますので、人当たりの良いのが好まれます。
また、服が好きな人も向いていると言えます。無頓着な人では、どのような着こなしをしても、それを上手に伝えて購入してもらうことは難しいでしょう。服に対する考察も深く、流行にも敏感なら、お客様に対してのアドバイスも的確にできます。
接客だけではなく、裏方の仕事もきちんとできることが重要です。掃除は店の質も左右しますので、汚れやほこりに対して掃除が出来る人、隅々にまで目を届かせる人が重宝されます。
また、お金の管理も必要ですので、計算力のある事は強みになります。在庫管理や、商品管理などでも数字は出てきますので、パソコンや電卓の取り扱いは必須です。難しいレベルではなくても、基本操作は知っておくほうがいいです。

アパレルショップの平均時給について

アパレル業界の平均給料は、他の業種と比較しても、特段高いとは言えません。
地域や店舗によっての違いもありますので一概には言えませんが、頑張り次第で時給がアップすることもあるようです。比較的高価な服を販売しているショップでも、時給が驚くほど高いということはなく、ほぼ平均的な金額になっています。ただ、店によっては、売り上げに応じて特別支給があったり、給与にインセンティブがついたりすることもあります。ノルマがある店の場合は、ノルマを達成した人に特別ボーナスを出しているところもあります。
着用するのはその店の会社のブランドになりますが、購入費用が別途つくのか、あるいは自費で購入するのかは、面接のときに確認しておいた方が良いでしょう。新人の場合は、仕事用の服にかける金額の割合が多くなる傾向があります。
また、ノルマがある所は、達成できなかった時の事も確認する必要があります。場合により、自費での買い取りという形を取っているお店もあります。
ショップでの経験が長くなると時給がアップするところもありますし、昇進や管理者になることにより、役職手当がつく場合もあります。基本は他業種と同じでも、実績や経験により、給料アップをめざすことはできます。

アパレルショップの魅力について

アパレルショップの魅力は、何といってもセンスが磨けるということです。常に流行の先端を意識するため、おしゃれに敏感になれます。着こなしの仕方も、色の組み合わせも学ぶことが出来ます。人に見られる仕事ですので、服だけでなくヘアスタイルやメイクなど、自分をトータルで客観的に見ることができます。これは、私生活でも、年を重ねても活用できます。
また、接客を通じて、言葉遣いや、おすすめの仕方、挨拶など人としてのマナーも身に着けることが出来ます。お客様から未知の世界の刺激を受けることもありますし、クレーム処理の仕方のスキルも磨けます。
また、商品の流通の仕組みも学べますし、在庫管理の仕方やパソコンの取り扱い方も学べます。ディスプレイの仕方により、魅せるレイアウトの知識も得ることが出来ます。経験を積めば、昇進により、売り上げ目標の立て方を学び、管理者として他の従業員の指導をすることになるので、コミュニケーション理論も学べます。接客だけではなく、それに付随するいろいろな業務から、多種多様な知識を得ることが出来ます。
外部からの良い刺激があふれているので、センスと知識が自然と身につくのがアパレルショップの魅力です。

アパレルショップの販売員の仕事内容

アパレルショップの販売員が行う仕事は大きく分けて接客と販売、発注作業です。接客と販売とは、ショップに来てくれたお客様に、似合いそうな洋服や新作の商品を勧めたり、コーディネートの相談に乗ったりする作業です。また、仕事に慣れてくると店で販売する洋服の発注作業を任されることもあります。自分の目で選んだ洋服が実際に店頭に並び、お客様に選ばれる作業なのでとても緊張感がありますが、やりがいのある仕事です。

仕事をはじめるきっかけで多いものは?

私がこの仕事を始めるきっかけになったのは、やっぱり洋服が好きだったからです。昔からいろいろなコーディネートができるような、可愛くて便利な服を探したりするのが好きで、可愛い服、と褒められるととても充実感を感じていました。自分の洋服に対する知識やセンスをもっと磨きたい!と思い、アパレルショップの販売員になってみよう、と決めました。

仕事場の雰囲気

職場の雰囲気はとても気さくです。仲のいい部活やサークルの雰囲気に似ているので、和気あいあいと毎日を過ごしています。仕事に対してはみんなとても真剣で、仕入れる服や売り込んでいく商品について激しく討論することもあります。とはいっても、みんな洋服が好きで自分の店にほこりを持っているからこその真剣さなので、険悪になることはなく、仕事帰りにご飯を食べに行ったり、遊びに行ったりとても良い関係を築けています。

やりがいなど、目指している方へアドバイス

アパレルショップの販売員になるのは難しいことではないと思います。ただ、いざ働き始めたら、人一倍洋服に対して愛情を持って接してほしいと思っています。ただ、なんとなく服屋の店員をしているという感覚だと、なかなかやりがいなども見つからないと思います。

そのシーズンの流行をチェックしたり、お客様のニーズを把握することでお客様が嬉しそうに自分が勧めた洋服を買っていく姿は、とても幸せな気分になりますよ。

エリアから探す

エリアから探す

人気の業種特集

  • 携帯ショップ
    携帯ショップのお仕事は知識が増えるだけではなく対応力も身に付きます!
  • 家電量販店
    家電量量販店のお仕事は求人数が非常に多いので希望のお仕事が見つかりますよ!
  • アパレル
    人と接するのが好きな方はアパレルショップで働いてみよう!
  • 百貨店
    百貨店の求人でハイブランドなショップで自分を磨こう!
  • ショッピングモール
    ショッピングモールのお仕事は未経験歓迎のお仕事が多いので安心!

注目コンテンツ

  • 安心して働こう!働き方ガイド
  • 近くの会場をチェック!登録会場一覧
  • 近くの会場をチェック!就業までの流れ
  • 仕事のギモン答えます!Q&A
  • センパイの生の声を紹介 インタビュー
  • 販売・接客のニュースをお届け SA PLUS
  • 検討中BOXを見る
  • スタッフ登録会に応募
  • 電話で応募する

保育のお仕事なら 保育士求人プラザ ほいぷら 東京エリアNo.1

上に戻る

上に戻る