全てはあなたのアピール次第!?派遣から正社員になるための3つのポイント

仕事内容が嫌というわけではないし、仕事とプライベートがしっかりと分けられてとても働きやすい環境ではあるけれど、この先もずっと派遣社員として働いていくのは不安……。こういった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

働きたくないわけではないし、むしろ将来的にも安定して働きたい。けれど、派遣社員から安定した正社員になるのは難しいよね……と、少し諦めかけている人もいるかもしれませんね。

しかし、派遣社員から正社員登用への道は閉ざされているわけではありません。実際、派遣社員から正社員になった方ももちろんいます。ただし、正社員に登用されるにはしっかりと対策を練って、実績を積みきちんとアピールしていく必要があるのです。

派遣社員から正社員を目指すために何をやるべきか。今回は、このテーマを掘り下げていきます。

正社員と派遣社員の違い

pixta_22959426_M

まずは、正社員と派遣社員の待遇面の違いを把握しましょう。雇用形態が違うということは、求められる責任やそれに対する待遇も違ってきます。

まず、給与形態が違います。正社員は月給制や年棒制ですが、派遣社員の多くは時給制です。そのため、祝日などの休みがあると、その分仕事が減って稼ぐことができず、給与は減ります。例えば月28日間しかない2月と、31日間ある3月では、給料が少なからず変動する派遣社員もいるはずです。

また、意外と見落としがちなのが教育制度やキャリアステップについて。日本の企業では、新卒採用で未来に活躍する人材を獲得し、社内の教育制度や研修で育てていくという形式が主流です。入社から数年経つとある程度の職務が遂行でき、さらに上を目指すための教育環境が整えられていることも多くあります。

一方で派遣社員は育てる対象ではなく、現在足りない人材を「補う」目的として雇われます。企業内で成長してもらうというよりも、そのスキルを活かしてもらおうと企業は考えているわけです。

したがって、企業は派遣社員に対しては正社員のように手厚い教育はしませんし、「現在の仕事さえしてくれればよい」と考えていることが多いのが現実です。さらなるスキルアップは、派遣社員である個人が自主的におこなうべきことになります。昇進やポジション変更などは正社員のイベントであり、派遣社員には遠い世界と言えるでしょう。

派遣から正社員へ!アピールポイントはコレ

ではここからは、派遣社員から正社員に抜擢されやすいポイントをご紹介します。「正社員になればもっと活躍してくれそうだ、派遣社員として限定的な業務だけしてもらうのはもったいないな」と周りに思わせられるよう、アピールしていきましょう。

「◯時までに仕上げます」と、時間を指定して仕事を受ける

pixta_14758193_M

上司や社員の人に、「これ、お願いできる?」と仕事を頼まれたときに「はい、わかりました」とだけ言うのではなく、「○時までには仕上げます。」「○時までにお渡しすればよいですか?」といった時間の約束をしてみましょう。

仕事を頼む側は、言葉にはしなくとも、その仕事の納期が頭にあり、スケジュールに沿って動いています。時間の約束をすることで、仕事を頼む側は全体のスケジュールを把握しやすくなる上に、約束をすることで信頼感が生まれ、何か仕事があったらあなたに依頼したくなるはずです。そういった信頼を積み重ねていくことが、正社員登用へつながっていくものです。

飲み会など、社内コミュニケーションに積極的に参加

pixta_22877318_M

部署の飲み会や、勉強会など社内でのコミュニケーションの機会は何度もあると思います。「私は派遣だし、面倒だからパス!」ではもったいない。飲み会や勉強会こそ、社員と同じように話を聞くことができ、勉強できる機会です。

正社員を目指すのであれば、「私もこの部署の一員だ」という自覚をもっていることをアピールしていきましょう。積極的に意見や発言をすることで、周りも「この人は派遣社員だから……」という遠慮が薄れ、より濃いコミュニケーションをとれるようになっていくはずです。

社内の情報に敏感に。「そんなことまで知っているの」という驚きを与えよう

pixta_21199766_M

派遣社員は、雇用契約によって業務の範囲が決まっているので、その業務に関係することしか知らなくても仕事自体にはあまり支障がありません。ですが、正社員になろうとするならば、社内の様々な情報を把握しておいて損はありません。

社内の別の部署でおこなわれているプロジェクトや、部署の別のグループの仕事内容など、自身の仕事内容とは直接関係のないことでも、意外と仕事というものはつながっているもの。ある情報を知っていると実は今の業務に活かすことができるという場面は多くあるのです。

社内のいろいろなことに興味を持ちましょう。そこで知り得た情報を活かす機会があれば、そのチャンスは逃さずに一度意見を述べてみてください。「なんでこんなことまで知っているの?よく知ってたね」という良い驚きを社員の方に与えられるでしょう。

おわりに

派遣社員から正社員の道は、決して簡単なものではありません。可能性はむしろ厳しいものと言えるでしょう。しかし、それは多くの派遣社員がしっかりと周囲にアピールできていない、正社員とは何かという自覚が足りないことが原因なのかもしれません。

将来を考えて動くなら、“いま”です。希望通りの正社員になれるよう、日々の仕事に対する意識をより高め、細やかなところに目を配り、できる努力は惜しみなくおこなっていきましょう。

all_banner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事内容が嫌というわけではないし、仕事とプライベートがしっかりと分けられてとても働きやすい環境ではあ…
  2. 普段使っている携帯電話・スマートフォンですが、その詳しい扱い方については知らないという方も意外といる…
  3. 値段も安くなく、なお普段いつも利用するものだからこそ慎重になってしまうのが携帯機購入ですよね。一人一…

最新の情報:スキル・キャリア

ページ上部へ戻る