【東京近郊】平日休みをひとりで最大限に楽しむ方法7選。映画も安いよ。

pixta_17134277_M

シフト制が多い派遣。特に接客業をしている方は、土日に休みを取ることがどうしても難しく、平日休みになることが多いことでしょう。「友達とも予定が合わないし、ライブやイベントなどにも行けない……」とネガティブに感じている方も多いかもしれません。

しかし、そんな平日休みの方だからこその楽しみが、実はあるのです。今回は、平日休みを一人で最大限に楽しむ方法を7つ紹介します。

all_banner

平日休みのメリットは、人が少ないことと、「平日割引」があること

平日休みのメリットはやはりどこに行っても人が少ないということでしょう。休日は人で溢れている観光地やお店も、平日は嘘のように閑散としていて、とてつもない贅沢をしているような気分を味わえます。

また、店舗側としても平日はお客さんが少ないことから、「平日割引」を設定していることも多いです。中には「え、こんなに……!」と驚くような割引をしているお店も。

では、そういったメリットをたっぷり味わえる平日休みの過ごし方を紹介していきましょう。

1.空いている有名店で優雅に「ランチ」

pixta_26758634_M

行列は2時間待ち。予約はいつもいっぱい。そんな人気店でも、さすがに平日の昼はほとんどの店が空いています。何時間並んだとしても、味がよくなったり値段が安くなったりするわけではありません。平日休みをチャンスと捉えて、人気店のランチを堪能しましょう。

また、平日限定のランチメニューも魅力的。客が少ない平日の昼のみ、パン食べ放題や刺身食べ放題をランチメニューとして破格の値段で出しているお店もあるのです。土日休みではありつけない“ごちそう”を楽しみましょう。

2.「カラオケ」に行って、“ヒトカラ”デビュー

pixta_20782807_M

最近はすっかり一般的になってきました、「一人カラオケ」。それでもやはり、「人目が気になって一人でカラオケには行けない……」という方も多いのでは?

平日の昼ならば料金も安いうえに、休日より圧倒的に人が少ないため、人目を気にする心配もありません。一人で歌の世界に浸り、好きなだけ練習できる“ヒトカラ”。デビューするなら平日昼が最適です!

3.「美術館」で絵画の世界に浸る

pixta_23519571_M

休みの日に、美術館巡りを趣味にしている方も多いことでしょう。しかし、特に有名な美術館だと、人の多さが気になったことはありませんか?ゆっくりと美術作品に浸りたいのに、聞こえてくる雑音やしゃべり声……。一人での鑑賞を好む人にとっては、落ち着かないことでしょう。

しかし平日ならば、自分以外に音を立てる人はほとんどいません。一つの絵画の前に何分たたずんでもよし。静かな館内のカフェで絵画の本を読みながらお茶をするもよし。思う存分絵画の世界に入り込むことができるはずです。

4.いつもと違う「テーマパーク」を楽しもう

pixta_23565474_M

休日ならば数時間待ちのアトラクションにも数分待つだけで乗れる。それが、平日のテーマパークの魅力です。テーマパークのガヤガヤした雰囲気が好きだという方は少々物足りなく感じるかもしれませんが、純粋にアトラクションのみを楽しみたいという方や、リピーターには最適。

また、一人カラオケと同様「一人でテーマパークに行くのは人目が気になる…」という方も、平日のテーマパークならお客さんが少ないため、人目が気になりにくいと言えます。

ただし夏休みやクリスマスなどのシーズンは平日でも混み合っている場合があるため、注意しましょう。

5.平日朝イチは「映画」が安い!

架空の映画鑑賞券

昨年は『シン・ゴジラ』や『君の名は』などヒット作が続きましたが、公開当初はどの映画館も満席で見れなかったという方もいるでしょう。実際、公開したばかりの映画は休日や平日の夜ではなかなか席が取れないことも。しかし、平日休み……特に午前中であれば、席が取れないことのほうが珍しいです。

平日朝一番にファーストショー割引が採用される映画館も多く、料金の面でも平日の映画鑑賞はお得です。

6.平日休みの醍醐味、「外飲み」

pixta_18566774_M

「世間は働いているけれど自分は休み」。そんな感覚を味わいたければ、外でお酒を飲むのもオススメです。

例えば、静かなカフェでパスタのお供にワイン。あるいは、大衆居酒屋が立ち並ぶ商店街で昼間からビール。世間は慌ただしく動いているのに、自分はお酒を飲んでいるという、優越感に似た感覚を味わうことができるでしょう。あえてお昼から飲むのもおすすめです。

一人で飲むのに飽きたら、仕事帰りの友達を誘って2軒目に向かってもいいですね。

7.実は平日割引している、「乗馬」

pixta_15115762_M

気軽に非日常を味わいたければ、乗馬はいかがでしょうか。乗馬クラブは平日割引を取り入れているところが多く、乗馬ビギナーでも気軽に体験できます。

「乗馬クラブが近くにない。とはいえ、高速道路の料金は平日高い」。そんな方も、ご安心ください。東京近郊・大阪近郊以外の高速道路には「平日朝夕割」という制度があります。これは、料金所を6〜9時、17時〜20時に通過した場合、利用料金の最大50%(10回以上利用した場合)が還元される制度です。

平日の早朝に出発して乗馬や観光を楽しみ、夕方に帰る。そんなプランがお得な価格で組めるのも、平日休みの特権です。

土日休みの人に羨ましがられるような休日を

友達や恋人と予定が合わせづらくても、イベントに参加できなくても、あまりネガティブになる必要はありません。土日休みにも平日休みにも、それぞれの楽しみ方があるのです。

今回の記事を参考に、土日休みの人に「平日休み、いいなーっ!」と羨ましがられるぐらいに休日を満喫しましょう。

all_banner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事内容が嫌というわけではないし、仕事とプライベートがしっかりと分けられてとても働きやすい環境ではあ…
  2. 普段使っている携帯電話・スマートフォンですが、その詳しい扱い方については知らないという方も意外といる…
  3. 値段も安くなく、なお普段いつも利用するものだからこそ慎重になってしまうのが携帯機購入ですよね。一人一…

最新の情報:ライフスタイル

ページ上部へ戻る