質問!携帯販売員のお仕事に、どんなイメージありますか?

ガラケー、スマホ、タブレット…今や手放せないモノの一つに入ると言っても過言ではない携帯電話。 タブレットとスマホもしくはガラケーをセットで、もしくは二台以上のスマホやガラケーを使い分けているという人もいるのでは?

購入出来る場所も、今は家電量販店や専門店、それぞれの携帯電話会社のショップなどなど本当に様々で、出かける度に販売しているところを目にする、なんてこともあるでしょう。そこで今回は、携帯販売員のお仕事のイメージについて聞いてみました。

gf1420342157l

携帯販売のイメージは、商品知識とオススメ能力が必要?

アンケートを取った所、多くの方が携帯販売員のお仕事に対して以下のようなイメージがあるようです。

・お客と接する仕事なので、人当たりが良くて商品の知識が必要な仕事だと思います。(30代/男性/契約社員)
・お勧めする事項が非常に多いイメージ。個性を出せる仕事ではないと思う。(20代/女性/学生)
・お客さんのニーズに応え、複数の携帯会社のプランを考慮し候補を選ぶため、コンシェルジュのようなイメージがある。(30代/男性/会社員)
・若い子がやっているイメージがあります。携帯自体歴史がそんなに古くないし、新しい知識を若い子は持っていそうなので。(40代/女性/その他専門職)
・楽そうに見える時もあるけど、専門知識が必要な為、大変かもしれない。好きな人にとっては楽かも(40代/女性/専業主婦)
・携帯のプランなどの説明さえ覚えてしまえば、簡単な仕事だと思う。(20代/女性/専業主婦主夫)
・若い人が働いているイメージで、そこのメーカーの携帯の機種や操作方法に詳しい。時給が高いこと。(30代/女性/専業主婦)

今回寄せられたお声の多くから、携帯販売は接客業に必要な「人当たりの良さ」だけでなく携帯電話やサービスへの「知識の深さ」が必要というイメージがあると考えられるのではないでしょうか。また、携帯電話の歴史がまだそう古くない為、対応している方々の多くは若い人が多く居るという印象のようです。

「コンシェルジュのよう」という言葉があったように、携帯電話本体だけでなく、利用するサービスをおすすめする人というイメージが上がる一方、携帯のプランなどを覚えてしまえば楽、時給が高いといった印象を持っている方も居ると言えそうですね。

商品知識と操作力、オススめ能力も必要だけれど…

今回のアンケートでは、「商品の知識が必要な仕事」「オススメめする事項が非常に多い」という声が見られました。 確かに、現在の携帯電話は沢山の機種があるだけでなく、サービスやキャンペーン等が多い為、それらをお客さんに説明するとなると、様々な知識が必要であり、覚えることも多くありそうです。

ですが、「コンシェルジュのようなイメージ」というお声があったように、知識を得る事で自分らしさを持ってお客さんに対応し、携帯電話や料金プラン等を一緒に選んだり、おすすめしたりとやりがいのあるお仕事なのかもしれませんね。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年04月16日〜2016年04月30日
■有効回答数:100サンプル

all_banner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事内容が嫌というわけではないし、仕事とプライベートがしっかりと分けられてとても働きやすい環境ではあ…
  2. 普段使っている携帯電話・スマートフォンですが、その詳しい扱い方については知らないという方も意外といる…
  3. 値段も安くなく、なお普段いつも利用するものだからこそ慎重になってしまうのが携帯機購入ですよね。一人一…

最新の情報:働き方

ページ上部へ戻る