携帯販売、するならどっちが魅力的?

販売の仕事をするうえで、働く場所は大きなポイントですよね。特に携帯販売のような、最新のテクノロジーを使った商品を扱う業種だと、場所や規模によって、客層も客数も大きく異なります。求められる能力も違いますよね。ではみなさん、街中の大型家電量販店と、家の近くの小売店ではどちらで働きたいのでしょうか。理由も含めてアンケートをとってみました。

4

通勤距離とお客さまとの距離感が魅力!

わずかに「家の近くの小売店」を選んだ人が多いという結果になりました。理由をみてみましょう。

・家の近くの小売店のほうが通勤時間も短くて済むし、何よりも気楽だから。(40代/女性/専業主婦)
・1人の人にゆっくりと説明できたり、客層に、携帯の知識が少ないお年寄りなども多そうなので、説明しがいや仕事のやりがいがありそうなので。(30代/女性/専業主婦)
・大きい所は、ガチャガチャして騒がしかったり、じっくり対応も出来ないような気がするので、小売店の方が、じっくり対応でき働いていても充実感がありそうだと思います。(40代/女性/会社員)
・道のりは少ない方が何かと便利ですよ。朝出かける億劫もあまり感じないでしょうし。(20代/女性/学生)
・時給が同じなら、通勤が楽なほうが長続きするので、地元の店舗で十分です。(40代/男性/会社員)

多くの人が挙げていたのが、通勤時間です。仕事をしていく上で、通勤時間は大切な要素ですよね。勤務先が遠すぎると、長続きしないと感じる人が多いようです。また、一人ひとりのお客さまとゆっくり対応できてやりがいがある、という意見も多くありました。自分の説明でお客様に商品を買ってもらうのは、販売員としてこの上ない喜びですよね。

039__MG_0337

最新情報や種類が豊富で勉強になる大型店舗

では、街中の大型店舗を選んだ人の意見をみてみましょう。

・携帯電話は情報端末であり、お客様も商品のより多くの情報を必要とすると思うので、規模が大きい方が需要に合う気がします。(20代/男性/会社員)
・店舗の規模が大きい方が、機種の種類も豊富でお客さんに色々な提案ができそうだと思うからです。(30代/女性/無職)
・大きな量販店の方が集客も期待出来ると思うし、種類も豊富そうで、接客の幅が広がるからです。(20代/女性/専業主婦)
・街中の大きな店舗の方が様々な人と出会えて楽しそうだし、経験も知識も身につきそうだから。(20代/女性/専業主婦)
・来客の数を考えますと大手販売店が魅力がありますし、従業員などもいますと相談も出来るところが魅力があります。(50代/男性/自由業・フリーランス)

大きな規模があれば、それだけ人も物も情報もたくさん集まります。そこで最先端のものに触れることで、自分にとって大きな経験になると考えている人が多いようです。規模の大きさはすなわち選択肢の多様さにもつながり、お客さまにいろいろな提案ができることも理由の一つのようです。こちらにも接客の魅力がたくさん詰まっていますね。

自分の技術を磨くか活かすか。選択肢は人それぞれ

アンケートの結果、家の近くの小売店を選ぶ人が半数をわずかに超えました。一人一人のお客さまにゆっくりと密に関われるという、接客の魅力に加えて、通勤時間の短さもポイントだったようです。
街中の家電量販店の利点は、たくさんの人、もの、情報に触れられること。それらに触れ、最新の情報を仕入れることで自分自身のスキルアップに繋がりますよね。いろんな人や情報に接することで、接客の幅を広げることにもなります。
近くの小売店では技術が活かされ、街中の家電量販店では技術が磨かれる。どちらにも甲乙つけがたい魅力がありますね。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2015年08月25日〜2015年09月08日
■有効回答数:100サンプル

all_banner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事内容が嫌というわけではないし、仕事とプライベートがしっかりと分けられてとても働きやすい環境ではあ…
  2. 普段使っている携帯電話・スマートフォンですが、その詳しい扱い方については知らないという方も意外といる…
  3. 値段も安くなく、なお普段いつも利用するものだからこそ慎重になってしまうのが携帯機購入ですよね。一人一…

最新の情報:働き方

ページ上部へ戻る